×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医師がすすめる「デトックス・アロマセラピー」
医師がすすめる「デトックス・アロマセラピー」
■川端一永■吉井友季子■マキノ出版■2006年09月この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年09月登録情報サイズ:単行本ページ数:134pISBN:9784837670643【内容情報】(「BOOK」データベースより)医療現場で行われる「メディカル・アロマセラピー」が自宅でできる!体・肌・心の老廃物を出す香りのレシピ32。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「出せない体」がさまざまな不調を引き起こす/第2章 精油の基礎とアロマセラピーの基本方法/第3章 肥満、むくみ、便秘を解消する「体」のデトックス・アロマセラピー/第4章 アトピー性皮膚炎、ニキビ、シミを撃退する「肌」のデトックス・アロマセラピー/第5章 不眠、うつ、パニック障害を退ける「心」のデトックス・アロマセラピー/第6章 香りで体内浄化できた!デトックス・アロマセラピー体験談【著者情報】(「BOOK」データベースより)川端一永(カワバタカズナガ)カワバタクリニック院長。医学博士。1959年大阪市生まれ。大阪大学大学院医学研究科博士課程修了。同大学医学部麻酔学教室を経て94年、大阪府吹田市にペインクリニック・カワバタクリニックを開業。95年より痛みの補助療法としてアロマセラピーを取り入れ、97年、有志とともに日本アロマセラピー学会を設立。日本におけるメディカルアロマセラピーの先駆者として、アロマセラピーの普及に努める。NPO日本アロマセラピー機構(WOA日本支部)理事長吉井友季子(ヨシイユキコ)吉井クリニック院長。大阪市生まれ。大阪市立大学医学部卒業。大阪市立大学医学部第一外科を経て育和会記念病院内科副部長、老人保健施設施設長を務め、1999年に大阪府吹田市に吉井クリニックを開業。女性の健康をテーマに、アロマセラピーをはじめプラセンタ療法、漢方療法、ホルモン補充療法などの補助療法を積極的に取り入れ、効果をあげている。日本アロマセラピー機構認定医、NPO日本アロマセラピー機構(WOA日本支部)副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > 美容・暮らし・健康・料理> 健康> 家庭の医学

評価: 4.25

star4.5


レビュー

物足りない・・・

お医者様の書いた本なのでもう少し内容が充実してるかと思って購入したのですが違っていました。確かに解りやすくは書いていますがただ「グレープフルーツダイエット」を推奨しているだけのように思えました・・・。「デトックス・アロマセラピー」って題なのだからもう少し広範囲で色々なオイルでの紹介も記載して欲しかったですね。
アロマとデトックス効果の繋がりや利用法を、分かりやすく説明しているので良いと思います。事例も掲載されているので、実感こもってます!オススメです!まぁ、絵とかは少ないけれど・・・試してみてみたくなるレシピも紹介されていますよ!
アロマでアトピーの症状を緩和できるというのに興味を持って購入しました。アトピーに関するものは3種類だけしか載っていませんでしたが、重い症状のための軟膏と、寝る前にティッシュにたらして吸入をやってみました。即効性ではないですけど、少し症状が治まったのと寝ている間のかゆみがましになりました。まだ2週間程度なのでもうちょっと続け行ってみます。内容はかわいらしくて見やすい本でした^^
デトックス系の本を探していて出会いました。アロマ好きなので、アロマでデトックスできるっていいな☆と思って。。。これは医師がすすめるってところに惹かれて購入。デトックスについての説明もいろいろあって、レシピもあるのでいいと思います。でも初心者の方はもう少し簡単な初心者向けから入った方がいいかも。アロマの基本を理解できてる方にはおススメです。

商品を楽天で見る

商品リストに戻る

トップページ

本日のリンク元|3|

[PR]任意整理